ゴルフのカスタマイズショップは長野駅にあるRONEへ


長野ゴルフショップRONE
ここにどかーんの画像入れられるよー

» ゴルフのいい話1 パッティング編

2016年11月2日 @ 6:52 pm 206Views

9

「ドライバー イズ ショー 、パット イズ マネー」という有名な言葉があります。
今から100年ほど前のアメリカツアーで活躍していた、ウォールター・ヘーゲンというプロゴルファーが確立させたプレースタイルです。

曲がることを恐れない豪快なドライバー、難しいライからグリーンに乗せる繊細なアイアン、そして、そのバーディーパットをしっかりと決めるスタイル。なかなか簡単には出来そうもありません。

しかし、ここで重要なのはパッティングがスコアメイクには欠かせないということです。
ドライバーを遠くに飛ばしても、セカンドショットをピンに寄せたとしても、そのパッティングが決まらないことには好スコアは期待できません。

上級者も初心者でも、パッティングでの距離感や方向性が上手くいかず、グリーン上で何打も打ちスコアがまとまらないという方は多いかと思います。

では、どういった練習をすれば良いのか?

先日、30年程前の日本ツアーで活躍していたシニアプロの方とラウンドする機会があり、そこでパッティングの練習方法を伺ってきました。

プロゴルファー数名が合同インタビューを受けるという雑誌の企画があり「どういった練習を良くしていましたか?」という質問に対し、そこに集まっていたプロの皆さんが同じような練習方法でビックリしたという話。

プロの練習方法
(1) 2mからカップに対してパッティングをして5cm手前に寸止め。
(2) 2mからカップの横(左右ともに)を通して30cm後ろに止める。
(3) 15mのロングパットを往復で行う。
(4) 一つのカップに対し、2mの距離から、その周りを360°
一球ずつ時計回りにずらしながら10回パッティングする。

これをコースの練習グリーンで必ず行うそうです。

今までのパター練習では、ボールをカップに入れることばかりに集中していましたが、そのお話を伺ってから、実践に移して練習をしてみたところ少しずつ良くなってきました。

しかも、この練習方法の良いところは技術やレベルに関係なく、ゴルフコースに行けば誰にでも簡単に出来るということです。

みなさんもコースに行ったとき、朝のパッティング練習に取り入れてみてください。
繰り返し行うことで必ずパッティング技術は向上します!

続きのコラムはこちらから



ゴルフについてのご相談・ご連絡はこちら

R-one Golf (アールワンゴルフ)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4-1
駐車場有り(5台)
代表 北澤 亮一

[主要取り扱いブランド]
DOCUS(ドゥーカス)
BALDO(バルド)
RomaRo(ロマロ)
Kamui(カムイ)
Mitsubishi(ミツビシ)
Fujikura(フジクラ)

[取り扱いブランド一覧]
J-Beam(ジェイビーム) MasdaGolf(マスダゴルフ)
A-Grind(エーグラインド) RazzleDazzle(ラズルダズル)
KZG(ケーゼットジー) 本間ゴルフ 山田パター
Bettinardi(ベティナルディ) Titleist(タイトリスト)

CompositeTechno(コンポジットテクノ) Crazy(クレイジー)
TRPX(ティーアールピーエックス) Attas(アッタス)
SyncaGraphite(シンカグラファイト) Basileus(バシレウス)
島田ゴルフ(K’s) KBS(ケービーエス) NSPRO(日本シャフト)

ゴルフ工房向けのパーツは、ほぼ取り扱いできます。
クラブの発送も承りますのでご用命ください。
R-one Golf Facebookページ
R-one Golf Instagram


ゴルフ ブログランキングへ
 | 

ゴルフショップ独自の情報をお届け 長野地域密着型カスタマイズゴルフショップ タグクラウド
DOCUS Elite NSPRO アイアンセット ウェッジ エポン カスタマイズ コンポジットテクノ ゴルフ ゴルフクラブ ゴルフ上達 ゴルフ工房 セッティング ドゥーカス ドライバー バシレウス バルド パター フィッティング フェアウェイウッド フジクラ ミツビシ ユーティリティ リシャフト ロマロ 初心者 日本シャフト 試打 長野市 飛ぶドライバー