▲Page Top

ゴルフのカスタマイズショップは長野駅にあるRONEへ


長野ゴルフショップRONE
ここにどかーんの画像入れられるよー ここにどかーんの画像入れられるよー

【初心者向け】ファーとアドレスの由来

2017年3月1日 @ 11:10 am 78Views


こんにちは。
たけいです( ^ω^ )

昨日は2/28ふぢやの日というイベントに行ってまいりました。
予約制ですが、5,000円で藤屋御本陣を満喫できるイベントです。

藤屋御本陣自体、ほぼ初めてです。
26歳、大人の社交場(?)デビューを果たしてきました。

なんと言っても、料理が本当においしい!
人生3回目くらいのフォアグラを食べて、帰り際には温かい飲み物とエコバッグをもらえました。


来年もあるそうなので、みなさんもチケット争奪戦に参加してみてはいかがでしょうか。

さて、今日はわたしがゴルフをやっていて、不思議に思ったゴルフ用語の語源を紹介したいと思います。

「ファーーー」

ゴルフをやっている人はわかっているとは思いますが、よく聞く「ファーーー」というのは、どんな時に発するものでしょう?

「打ったらとりあえず言っとくもの」

わたしはそんな風に思ってました。
しかし、違うんですね〜
「ファーーー」という掛け声は、ボールが隣のコースに飛んでっちゃった( ;´Д`)という時に、「ボールが飛んで行きますよ、気をつけてください!」という意味で使います。

「ファー」と聞こえますが、本来は「フォアー」という発音になります。
なんで、「フォアー」というようになったのでしょう?

それは、もともと英国陸軍が戦場で「Be ware before:前方にいる人は気をつけて」という意味になります。
しかし、一瞬を争う戦場でそんな長い言葉言ってられないですよね。
そういう一瞬を争う時に、「fore」と伝えたそうです。
それがゴルフでも、ボールが飛んでいくから気をつけろという意味で使われるようになったそうです。(諸説あり)

だから、正式には「フォアー」というんですね。


アドレス

構えのことを「アドレス」と言います。
ということは以前も構えの回で説明しましたね。

でもなんで、「アドレス」っていうんでしょう?

「アドレス」は英語表記にすると「address」ですね。
「address」は主に「住所」という意味で使われています。
以上の意味から「ボールをゴール地点という住所に向けて正しく方向を定める」という意味で使われるようになったそうです。(諸説あり)


いかがでしたか?
意味を知ることで、使い方も間違えることはないし専門用語を正しく覚えることができましたね!

では、また次回〜

たけい


ブログランキングへのご協力をお願いいたします!
↓ここをポチっと!↓


ゴルフについてのご相談・ご連絡はこちら

R-one Golf (アールワンゴルフ)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4-1
駐車場有り(5台)
代表 北澤 亮一

[主要取り扱いブランド]
DOCUS(ドゥーカス)
BALDO(バルド)
RomaRo(ロマロ)
Kamui(カムイ)
Mitsubishi(ミツビシ)
Fujikura(フジクラ)

[取り扱いブランド一覧]
J-Beam(ジェイビーム) MasdaGolf(マスダゴルフ)
A-Grind(エーグラインド) RazzleDazzle(ラズルダズル)
KZG(ケーゼットジー) 本間ゴルフ 山田パター
Bettinardi(ベティナルディ) Titleist(タイトリスト)

CompositeTechno(コンポジットテクノ) Crazy(クレイジー)
TRPX(ティーアールピーエックス) Attas(アッタス)
SyncaGraphite(シンカグラファイト) Basileus(バシレウス)
島田ゴルフ(K’s) KBS(ケービーエス) NSPRO(日本シャフト)

ゴルフ工房向けのパーツは、ほぼ取り扱いできます。
クラブの発送も承りますのでご用命ください。
R-one Golf Facebookページ
R-one Golf Instagram


ゴルフショップ独自の情報をお届け 長野地域密着型カスタマイズゴルフショップ タグクラウド

プロダクトタグクラウド