▲Page Top

ゴルフのカスタマイズショップは長野駅にあるRONEへ


長野ゴルフショップRONE
ここにどかーんの画像入れられるよー ここにどかーんの画像入れられるよー

【初心者向け】アイアンのシャフトの硬さ

2017年6月17日 @ 12:03 pm 153Views




こんにちは!
たけいです。


本日は、アイアンのシャフトの硬さについてです。
つい最近まで、アイアンのシャフトにもいろんな硬さがあるのを知りませんでした。笑




R-one Golfにいらしてくれたお客様が、「今年に入ってアイアンのシャフトを全部SからRにしたんですよ〜。」とおっしゃってました。
何回かSとかRとかLとか聞いてはいたんですが、どのような順番で硬いのかがわからないので、今回、初心者の皆様のためにまとめたいと思います!




硬さの種類



まずは、シャフトの硬さの種類から。


シャフトの硬さのことを、業界用語で〈FREX〉フレックスと言います。


柔らかい方から順番に、L→A→R→S→Xという順番になっています。


それぞれの読み方はこちら↓
L:レディース
A:アベレージ
R:レギュラー
S:スティッフ
X:エクストラ




メーカー・モデルによっては表示が違ったり、同じRでも硬さが若干違います。
また、SとRの中間のSRなんてのもあったりします!









硬さの選び方



選び方の基準は、自分の力とヘッドスピードです。
グラフがわかりやすいかと思います。




女性はLが普通で、力のある人はAを使っても良いとのこと。
また男性はRが基準で、力がある方はS、トップアマやプロレベルになるとXを使用しているそうです。




自分の力に対して、シャフトが柔らかすぎると弾道があがりやすく、飛距離も出ません。
また、硬すぎると弾道があがらないため、コロコロ転がりすぎてコントロールがしにくくなるんです。


初心者のレベルなんで、そんなにまだ硬さは考えなくてもいいかもしれませんが、今後の知識にご活用ください。


それでは良い週末を☆



たけい




ブログランキングへのご協力をお願いいたします!
↓ここをポチっと!↓



ゴルフについてのご相談・ご連絡はこちら

R-one Golf (アールワンゴルフ)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4-1
駐車場有り(5台)
代表 北澤 亮一

[主要取り扱いブランド]
DOCUS(ドゥーカス)
BALDO(バルド)
RomaRo(ロマロ)
Kamui(カムイ)
Mitsubishi(ミツビシ)
Fujikura(フジクラ)


[取り扱いブランド一覧]
J-Beam(ジェイビーム) MasdaGolf(マスダゴルフ)
A-Grind(エーグラインド) RazzleDazzle(ラズルダズル)
KZG(ケーゼットジー) 本間ゴルフ 山田パター
Bettinardi(ベティナルディ) Titleist(タイトリスト)


CompositeTechno(コンポジットテクノ) Crazy(クレイジー)
TRPX(ティーアールピーエックス) Attas(アッタス)
SyncaGraphite(シンカグラファイト) Basileus(バシレウス)
島田ゴルフ(K’s) KBS(ケービーエス) NSPRO(日本シャフト)


ゴルフ工房向けのパーツは、ほぼ取り扱いできます。
クラブの発送も承りますのでご用命ください。
R-one Golf Facebookページ
R-one Golf Instagram



ゴルフショップ独自の情報をお届け 長野地域密着型カスタマイズゴルフショップ タグクラウド

プロダクトタグクラウド