▲Page Top

ゴルフのカスタマイズショップは長野駅にあるRONEへ


長野ゴルフショップRONE
ここにどかーんの画像入れられるよー ここにどかーんの画像入れられるよー

【初心者向け】ダフりとトップ

2017年7月10日 @ 11:54 am 108Views




こんにちは!
たけいです( ´ ▽ ` )ノ


昨日は長野の駅前から善光寺まで「長野祇園祭」が開催されました!
私も撮影係で参加してきました〜。
晴れていたのはよかったのですが、13:30頃に善光寺の山門前で踊りを披露している間の待機が暑いし、昼食後でお腹いっぱいで眠くなるしで一番辛かったです、、、


会所を回って、食べ物やビールをいただけたので、それはそれで楽しかったです。笑




あと、2週間前のアメトークのゴルフ大好き芸人をやっと見ることができました!!
劇団ひとりのゴルフグッズネタが驚きの連続でした!
打つ時の方向調整グッズや、フェースの向きがわかるグッズ、実際の地面のように傾斜を再現できる道具など、いろんな練習グッズが登場しました。


アメトークに出ていない芸人さんもゴルフをやっている芸人さんはたくさんいるみたいです。
下手でもいいから、芸人のゴルフ対決番組とかテレビでやったらおもしろうそうですね!




さて、本日は題名にもある通り、「ダフり」と「トップ」についてお話ししていきたいと思います。
今ではわかるものの、最初は「ダフったね」とか言われてもまったくピンときませんでした。
今更ではありますが、ダフりとトップについて説明していきたいと思います。




ダフり



まず、「ダフり」から説明していきます。
「ダフり」は名詞的な立ち位置で、会話の中では「ダフった」とか「ダフる」というふうに使います。


語源は、英語のduffからきています。
和訳で「打ち損ねる」という意味です。


どのような時に使うかというと、ボールを打つ時、フェースでボールを正確にとらえることができずに手前の地面を激しく叩いてしまった際に「ダフる」と使います。
しかし、実際に英会話の中で使用すると意味は通じない場合もあるらしいので、「fat shot」と言ったほうが通じるそうです。


ダフってしまうと、飛距離がでなくなってしまいます。
ダフる原因としては、スイング中に頭が上下に動いてしまっていることが大半だそうです。




トップ



ダフりとは対照的な「トップ」。
「トップ」も語源は英語で、英会話では「thin shot」と言うそうです。
状態的には、ボールの上部(top)を打ってしまう状態です。


弾道が低くなってしまったり、地面を転がりすぎてしまう原因となります。




初心者にはあるあるなので、自分のスイングを動画で撮って見直しながら練習あるのみですね!
私も、今日は久しぶりに打ちたいと思います!


それでは、本日も読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )


たけい




ゴルフについてのご相談・ご連絡はこちら

R-one Golf (アールワンゴルフ)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4-1
駐車場有り(5台)
代表 北澤 亮一


[主要取り扱いブランド]
DOCUS(ドゥーカス)
BALDO(バルド)
RomaRo(ロマロ)
Kamui(カムイ)
Mitsubishi(ミツビシ)
Fujikura(フジクラ)


[取り扱いブランド一覧]
J-Beam(ジェイビーム) MasdaGolf(マスダゴルフ)
A-Grind(エーグラインド) RazzleDazzle(ラズルダズル)
KZG(ケーゼットジー) 本間ゴルフ 山田パター
Bettinardi(ベティナルディ) Titleist(タイトリスト)


CompositeTechno(コンポジットテクノ) Crazy(クレイジー)
TRPX(ティーアールピーエックス) Attas(アッタス)
SyncaGraphite(シンカグラファイト) Basileus(バシレウス)
島田ゴルフ(K’s) KBS(ケービーエス) NSPRO(日本シャフト)


ゴルフ工房向けのパーツは、ほぼ取り扱いできます。
クラブの発送も承りますのでご用命ください。
R-one Golf Facebookページ
R-one Golf Instagram


ブログランキングへのご協力をお願いいたします!
↓ここをポチっと!↓


ゴルフショップ独自の情報をお届け 長野地域密着型カスタマイズゴルフショップ タグクラウド

プロダクトタグクラウド