▲Page Top

ゴルフのカスタマイズショップは長野駅にあるRONEへ


長野ゴルフショップRONE
ここにどかーんの画像入れられるよー ここにどかーんの画像入れられるよー

ゴルフ場の設計 その1

2017年8月17日 @ 1:08 pm 86Views


こんにちは!
たけいです( ^ω^ )


曇りの天気が続いていましたが、今日はいいお天気ですね☆
ゴルフ行きたくなってしまいます〜


みなさんは、ゴルフ場の設計ってどうやっているのかご存知ですか?
コースもどのような意図で作っているのか、どうやって作っていくのか、雑誌を読んでいてすごく気になりました。


ということで、これからちょこちょことゴルフの設計について調べていてみようと思います!!




ゴルフ場設計の要素



ゴルフ場と言っても、ホールの配置、コースの難易度設定、木やバンカーや池の置き方など、さまざまな要素が盛り込まれています。


まず、ホールの配置。
これは、ただバランスよくホールを配置するだけではありません。
その土地の風物(森林・山岳・河川・湖沼・海岸・荒野・田園・神社仏閣など)を借景としてどこに配置するかなども考えているのだそう。
そう言われてみると、海岸沿いのコースだと、海に向かって打つコースだと、景色もすごくきれいですよね!(映像でしか見たことありませんが。笑)


これは設計者の腕の見せ所の一つであり、設計の醍醐味だそうです。


ちなみに、牧場でゴルフをやっていた時代の設計に関する記録では、「神の逆麟に触れない程度の改修がささやかに行われた。その意図は、あくまでも打球事故の防止にあった」という記述があるそうです。
自然を破壊せずに、事故防止程度にちょこっと修復を加えていたということです。


でも、それも競技人口が増えるほど、そんなことは言ってられなくなったり、もっと難しいコースを作ってしまおうという流れになってしまったために、コースがきちんと作られ始めたんじゃないかなと思います。
ここはあくまでも、私の想像なので実際にそうだったのかはわかりません。笑


正式に「コース設計」という言葉が出てきたのは、1894年。
大学の一つの学問として取り上げたいという声もあったそうです。
この後のことは、また情報を仕入れ次第載せます。


ちょっと調べてみたところ、現在、アメリカの方の大学でゴルフコース学部があるような感じです。
ってことは、最終的に確立できたようですね。


こちらのサイトに、設計の歴史のことが書かれています。↓↓↓
日本ゴルフ設計協会




ゴルフコースの設計のことについて調べていくと、一緒にコースを回る人だけでなく、設計者も敵に見えてきました!
コース戦略という意味では、設計者のとの対戦になりますね!






それでは、今回はこの辺で!
本日も読んでいただき、ありがとうございました( ^ω^ )


たけい




ゴルフについてのご相談・ご連絡はこちら

R-one Golf (アールワンゴルフ)
tel: 026-217-7589
mail: r_one_kz@yahoo.co.jp
長野県長野市中御所町4丁目4-1
駐車場有り(5台)
代表 北澤 亮一


[主要取り扱いブランド]
DOCUS(ドゥーカス)
BALDO(バルド)
RomaRo(ロマロ)
Kamui(カムイ)
Mitsubishi(ミツビシ)
Fujikura(フジクラ)


[取り扱いブランド一覧]
J-Beam(ジェイビーム) MasdaGolf(マスダゴルフ)
A-Grind(エーグラインド) RazzleDazzle(ラズルダズル)
KZG(ケーゼットジー) 本間ゴルフ 山田パター
Bettinardi(ベティナルディ) Titleist(タイトリスト)


CompositeTechno(コンポジットテクノ) Crazy(クレイジー)
TRPX(ティーアールピーエックス) Attas(アッタス)
SyncaGraphite(シンカグラファイト) Basileus(バシレウス)
島田ゴルフ(K’s) KBS(ケービーエス) NSPRO(日本シャフト)


ゴルフ工房向けのパーツは、ほぼ取り扱いできます。
クラブの発送も承りますのでご用命ください。
R-one Golf Facebookページ
R-one Golf Instagram


ブログランキングへのご協力をお願いいたします!
↓ここをポチっと!↓


ゴルフショップ独自の情報をお届け 長野地域密着型カスタマイズゴルフショップ タグクラウド

プロダクトタグクラウド